水曜日のカンパネラが消えた理由5選!コムアイ脱退や過激な演出が原因?

「水曜日のカンパネラ」が好きだった方も多いでしょう。

独特なスタイルと魅力的なパフォーマンスで一世を風靡しましたが、最近ではあまり見かけなくなりましたよね。

なぜ「消えた」と言われているのでしょうか?その理由を知りたくないですか?

実は、彼らが表舞台から姿を消した背景には、いくつかの重要な出来事がありました。

この記事では、水曜日のカンパネラが「消えた」と言われる理由を7つのポイントで解説します。

この記事でわかること
  • 水曜日のカンパネラが消えたと言われる具体的な理由
  • 過去の炎上騒動の詳細とその影響
  • 初代ボーカル・コムアイの脱退理由
  • 新ボーカル・詩羽の加入後の変化
目次

水曜日のカンパネラはどんなグループ?

水曜日のカンパネラは、2012年に結成され、YouTubeを通じてデビューした音楽ユニットです。

彼らは独特なパフォーマンスとキャッチーな楽曲で一気に注目を集めました。

その特徴的なスタイルと個性的な演出は、多くのファンを魅了しています。

水曜日のカンパネラのどんなグループでメンバーは?

水曜日のカンパネラは、基本的に3人のメンバーで構成されています。

ボーカル担当の詩羽さん(うたは)、作曲・編曲を担当するケンモチヒデフミさん、そしてディレクター兼マネージャーのDir.Fさんです。

詩羽のプロフィール
  • 名前:詩羽(うたは)
  • 生年月日:2001年8月9日
  • 年齢:22歳(2023年時点)
  • 出身地:東京都
  • 身長:152cm
  • 職業:モデル、歌手
  • 特徴:講談社の『ミスiD2021』に出場経験あり
  • 趣味:絵を描くこと、ファッション
  • 現役大学生(大学名は非公表、都内の芸術大学との情報あり)
ケンモチヒデフミのプロフィール
  • 名前:ケンモチヒデフミ
  • 本名:釼持 英郁(けんもち ひでふみ)
  • 生年月日:1981年8月2日
  • 年齢:42歳(2023年時点)
  • 出身地:埼玉県(神奈川県在住)
  • 職業:作曲家、編曲家
  • 担当:作詞、作曲、編曲
  • 経歴:音響系専門学校卒業後、システムオペレーターとして14年間勤務
  • 音楽活動:トラックメーカーとして活動、水曜日のカンパネラ結成後もソロ活動を継続
  • 音楽を始めたきっかけ:高校の文化祭でギターとベースを演奏
  • 住居:神奈川県在住
Dir.Fのプロフィール
  • 名前:Dir.F
  • 本名:福永 泰朋(ふくなが やすとも)
  • 生年月日:1982年10月13日
  • 年齢:41歳(2023年時点)
  • 職業:マネージャー兼ディレクター
  • 出身地:不明
  • 学歴:京都工芸繊維大学 デザイン経営工学科卒業
  • キャリア:フリーターを経て株式会社つばさレコーズに就職
  • 担当:水曜日のカンパネラのディレクションおよびマネジメント
  • 結成の経緯:映像作家のホームパーティーでコムアイと出会い、彼女を水曜日のカンパネラに誘う
  • 所属事務所:株式会社つばさレコーズ

初代ボーカルのコムアイさんは、その個性的なパフォーマンスとユニークなキャラクターで知られていました。

しかし、2021年にコムアイさんが脱退し、新しいボーカルとして詩羽さんが加入しました。

詩羽さんもまた、その独自の魅力でファンを増やしています。

水曜日のカンパネラは最近見ない?

水曜日のカンパネラは最近見ない?

最近、水曜日のカンパネラをあまり見かけなくなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

実際には、グループとしての活動は続いていますが、メディアへの露出が減ったために「消えた」と感じる方がいるのかもしれません。

水曜日のカンパネラが「消えた」と言われる理由には、いくつかの要因があります。

しかし、新しいボーカルの詩羽さんが加入してからも、彼らは精力的に活動を続けています。

全国ツアーや新曲のリリースなど、ファンを楽しませるための努力を惜しみません。

なかむらさん

これからも水曜日のカンパネラの動向に注目していきたいですね。

水曜日のカンパネラが消えた理由5選

水曜日のカンパネラが消えた理由7選

水曜日のカンパネラが「消えた」と言われる理由は、いくつかの出来事が影響しています。

ここでは、その中でも特に大きな5つの理由について詳しく解説していきます。

理由①シカの解体ショーで炎上

水曜日のカンパネラが大きな炎上を引き起こした出来事の一つが、シカの解体ショーです。

初代ボーカルのコムアイさんは、その個性的な発想とパフォーマンスで知られていましたが、渋谷のライブハウスで行ったシカの解体ショーは「やりすぎ」と批判を受けました。

このパフォーマンスは、動物虐待だと多くの人々から非難されました。

さらに、国連世界動物救済支援機構の会長からも告発を受け、問題はさらに大きくなりました。

このような過激なパフォーマンスが、グループへのネガティブな注目を集める結果となり、一部のファンを遠ざける原因となったのです。

理由②ニップレス写真を公開

もう一つの炎上騒動は、ニップレス写真の公開です。

2017年に行われたロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」のバックヤードで撮影された写真が、コムアイさんのInstagramに投稿されました。

その写真には、ニップレス姿のコムアイさんが写っており、これが大きな批判を呼びました。

「下品だ」「公共の場でそんなことはやめた方がいい」といった批判コメントが殺到し、SNS上で大炎上しました。

この出来事もまた、水曜日のカンパネラのイメージに大きなダメージを与えたのですね。

理由③「ヒカシュー」というバンド名を勝手に使用

水曜日のカンパネラが消えたと言われる理由の三つ目は、「ヒカシュー」というバンド名を無断で使用した問題です。

2013年にリリースされた楽曲「ヒカシュー」は、1970年代から活動する日本のロックバンド「ヒカシュー」と同名でした。

この件に関して、ヒカシュー側から許可や相談が全くなかったと抗議され、騒動に発展しました。

最終的に、水曜日のカンパネラ側は謝罪し、楽曲名を「名無しの権兵衛」に変更しました。

しかし、他のバンドの名前を無断で使用するという行為は、業界内外から多くの批判を受け、グループの信用に影響を与えました。

この事件は、ファンや関係者にとって大きな失望をもたらし、彼らの活動に陰を落としたんですね。

理由④コムアイの脱退

水曜日のカンパネラの初代ボーカル、コムアイさんが2021年に脱退したことも、「消えた」と言われる大きな理由の一つです。

コムアイさんはその個性的なキャラクターとパフォーマンスでグループを牽引してきましたが、2018年頃から水曜日のカンパネラとして活動を続けることが難しくなったと語っています。

コムアイさんの脱退後、グループは新たなボーカルを迎え、活動を続けていますが、彼女の脱退は多くのファンにとって大きな衝撃となり、グループのイメージにも大きな変化をもたらしました。

この脱退は、水曜日のカンパネラが「消えた」と言われる原因の一つとして挙げられます。

理由⑤詩羽さんが入って雰囲気が変わった?

コムアイさんの後任として、新たにボーカルを務めることになった詩羽さんは、彼女自身の魅力でグループの新たな一面を見せています。

しかし、詩羽さんの加入により、グループの雰囲気が変わったと感じるファンも多くいます。

詩羽さんは、コムアイさんとは異なるスタイルとキャラクターを持っています。

そのため、一部のファンは「以前の水曜日のカンパネラとは違う」と感じているようです。

新しいメンバーの加入は、グループにとって新しい可能性をもたらす一方で、ファンの間で賛否両論が生まれることも少なくありません。

これらの理由が積み重なり、ファンや一般の人々から「水曜日のカンパネラが消えた」と感じられるようになったのです。

なかむらさん

実際には彼らは活動を続けており、新たなステージに向けて精力的に取り組んでいます。

まとめ|水曜日のカンパネラが消えた理由を考察

水曜日のカンパネラが消えた理由には、過去の炎上騒動やメンバーの脱退が大きく影響しています。

ここでは、その主な理由を解説しました。

ポイント

  • シカの解体ショーが「やりすぎ」として炎上
  • ニップレス写真の公開で批判を浴びた
  • 「ヒカシュー」というバンド名を無断使用し抗議された
  • コムアイが2021年に脱退
  • 新ボーカル詩羽の加入で雰囲気が変わった
  • 過去のパフォーマンスや行動がメディアで取り上げられにくくなった
  • グループの個性的な活動が一部のファンに受け入れられなかった

この記事を書いた人

こんにちは、運営者のなかむらさんです。

Nakamura Musicは、音楽やアイドルに関する情報を幅広くお届けするブログです。

音楽が大好きな私が、最近話題のアーティストや曲について1~3分で読める記事をまとめています。自由な時間に気軽に楽しんでいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

目次